HOME | 見た目に左右される目もと

見た目に左右される目もと

2016年5月25日 |

トラブルが伝わりやすいパーツ

顔の中心にある目もとは、女性の印象を左右するパーツです。皮膚が薄くてデリケートでもあり、疲れやストレスなどがダイレクトに現れるのも目もとですし、まばたきや表情の変化などで動きが激しいため、疲れやすくトラブルが出やすい難点も挙げられています。また、加齢や乾燥、紫外線などの多様な影響を受けることでシワが現れやすくなったり、筋肉が弱まることでたるみやすく、パソコンやスマホによる目の酷使によるクマにも悩む女性は増えています。

クリームの塗り方のコツ

小ジワやクマを寄せつけないための美容テクニックが、肌年齢に変化がでやすい30代からの女性に注目されています。例えば、目元のクリームでは塗り方に一工夫することがポイントとなり、人差し指と中指を使い、チョキを作るイメージで目尻のちりめんジワを広げます。もう片方の薬指を使い、クリームを塗布してシワに優しく叩き込むように馴染ませます。横へ伸ばしがちなケアですが、シワを深くする原因に繋がるために塗り方として正しいのは叩き込みです。

ツボ押しがもたらす効果

またツボ押しを目もとケアにプラスするのも適しており、目尻のシワやクマには絲竹空と呼ばれるツボをゆっくり押します。眉じりあたりにある窪み部分で、中指の腹を使います。目もとのシワやたるみには球後と呼ばれる目の下の目尻から内側4分の1あたりの骨の窪みを、人差し指の腹を横向きに当てて軽いタッチで左右に小刻みに動かし、筋肉に刺激を与えて皮膚を支える力を付けさせ、たるみを改善させます。刺激を与えないためにもクリームやオイルを用いり、過剰な力が加わりにくい利き手と逆の指を使うのもポイントです。

品川美容外科の提訴について調べる

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Make You Feel Good .All Rights Reserved.