HOME | ピンクカラーは若肌を作る

ピンクカラーは若肌を作る

2016年5月25日 |

ちょっとした美容テクニック

女性にとってキレイを意識する美容は、スキンケアによる素肌づくりのみならず、メイクからも作り出すことができます。特に大人女子は昼間、スッピンで過ごすことは少なく、メイクによってキレイを作り出しているため、美容テクニック1つでさらに大人肌に差をつけることが可能です。女性らしさを意識した場合にピンク系メイクが注目されていますが、大人世代が上品に纏うにはちょっとしたテクニックが必要で、無垢なピュア感とエレガンスの両方を実現できます。

ケバくならない肌メイク

大人ピンクのポイントは、品がキーワードとなります。そのためにも上質な肌づくりは大切で、こだわりたいのは肌の質感です。べったりよりもふんわりを意識したベースメイクを肌に仕込むことが大切ですし、大人女子がピンクを取り入れて失敗しがちなのがケバケバした派手な印象で、ポイントメイクではバランスも大切です。肌馴染みを考慮し、アイシャドウあるいはリップカラーに限定してピンクを用いることにより、ピンクが程よく引き立つ上に顔全体がバランスよくまとまります。

若い口元で実年齢を引き下げる

また頬に血色があることで健康美に結びつく観点から、黄くすみによる肌悩みもピンク系メイクで改善させられます。同じピンクでも、色のニュアンスや塗り方次第で仕上がりや見た目の印象に差が出るため、ポイントは女子力の高いカラーだからこそ、流行りを意識することにあります。例えば、豊かな発色のリップカラーで主張する際、くすみや縦ジワ、ボリュームダウンを上手くカバーできるラメピンクのリップカラーが魅力的で、立体感が若さある印象に見せてくれます。

品川美容外科の訴訟まとめサイト

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Make You Feel Good .All Rights Reserved.