HOME | ルーティンを刻んだ美容ケア

ルーティンを刻んだ美容ケア

2016年5月25日 |

バスタイムが有意義な時間

美容では、落とす・洗うことがファーストステップと言われており、クレンジングと洗顔はバスタイムの最初に済ませるべきルーティンです。バスルームには温かい蒸気が満ちており、肌も柔らかくなって毛穴もしっかり開くことも重なり、メイク汚れが落ちやすい魅力があります。ポイントは、濡れた手やお風呂で使用できるタイプのクレンジングオイルを選択することで、しっとり洗い上げる洗顔ソープと組み合わせるだけでつっぱりやすい洗顔後の肌の潤いをキープできます。

クレンジングのポイント

汚れ落としではクレンジングオイルを手で温め、Tゾーンにオンした後、顔の中心から外側へ向かって顔全体へ広げていきます。目元や口元などのポイントメイクは指を使ってクルクルと円を描くようにオフします。すすぎでは体温よりも低い32度前後のぬるま湯がベストで、ぬるつきがなくなるまで十分にすすぎます。オイルではなくクリームタイプの場合にはTゾーンにたっぷりオンした後、しばらく湯船に浸かりながらそのまま放置し、クリームが蒸気でゆるみ、流れる程度のテクスチャーになってから落とすステップに進むことで手による摩擦抵抗を少なくできます。

しっとり洗い流すケア

洗顔では、もちもちのキメ細やかな泡で汚れと古い角質をオフします。手のひらいっぱいに泡立てるのが大切で、Tゾーンにのせて泡を転がすように広げ、汚れを泡に吸着させます。頬やフェイスラインも泡で包み込むようにして、擦らず洗うことを意識します。洗い流す時にはぬるま湯で、額や生え際、顎の下など、すすぎにくい部分も丁寧に洗い流します。汚れを落としながら潤いを守るにもソープの成分にも着目し、美容や薬用成分として甘草誘導体にコエンザイムQ10配合など、多彩な美容成分がもっちり濃い泡となり、しっとり肌に導いてくれます。

品川美容外科の2chについて調べる

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Make You Feel Good .All Rights Reserved.