HOME | 天気によって変化するケア

天気によって変化するケア

2016年5月25日 |

気候と美容には関係がある

春の外気にさらされる肌は乾燥によるダメージを受けやすく、季節の変わり目にはケアの見直しが必要ですが、晴れ・曇り・雨の日などの天候によっても美容のお手入れ方法には違いがあり、快適な肌で過ごす術を身に付けることが必要です。例えば、晴れの日には湿度が下がるために肌は意外と潤いが不足しがちで、保湿ケアを抜かりなく行うことがポイントです。美容に最適と言われる湿度は60%前後なので、ローション・ミルク・クリームの美容成分を配合させている保湿アイテムが必要で、潤いだけではなく活力まで与えてくれます。

曇り空のようなくすみをクリアにする

気温や気圧の動きが激しい曇りの日には肌の状態も揺らぎやすく、変化を細かく読み取り、適正ケアを行うのがポイントです。不安定な天候は自律神経の働きが乱れがちで、肌周期にまで関与してしまいやすく、肌がくすみやすく感じるためにベーシックなお手入れの見直しが大切で、洗顔と保湿のステップを丁寧に行うことでクリアな素肌を取り戻せます。風が強い曇りの日は、空気中に舞うチリやホコリや花粉などによって肌を刺激しやすいため、洗い流すことは大切なケアです。

雨の日にはスペシャルなケア

雨の日は気温が低く、肌コンディションも低下しやすくなります。気温が低いことで血行が悪くなりやすく、肌に十分な栄養が行き渡りにくくなり、トラブル肌に繋がってしまいます。天候が悪いことで外出も億劫になるため、ここぞとばかりに美容のチャンスと捉えて、じっくりとスペシャルケアを行うのがポイントです。美容液をヒタヒタに含んだマスクを取り入れることで潤いをチャージでき、成分にこだわる一工夫で透明感やくすみ、クマやシワなどにアプローチできます。

品川美容外科の起訴について詳しく

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Make You Feel Good .All Rights Reserved.